研究内容


 

■ 研究目標

 

電子デバイスの世界では、新材料の時代がやってきているのを知っていますか?

 

電子デバイスの新機能の発現や性能の高度化に対し、

従来の材料の組み合わせ、構造、回路の工夫だけでは限界が有ることがはっきりしてきました。

 

新材料開発が雌雄を決する時代になったのです。

 

舟窪研究室では、これからの新材料は

              “ただ単に高い機能を有するだけでなく、環境に低負荷であることを同時に満たす必要がある

と考え、

              “まったく新しい環境適応型のグリーン材料

の創成を目標に、研究を行っています。

 

 

 

■ 現在行っている研究

 

1. 基礎研究

              1-1. 最大の圧電性を有する物質の謎に迫る “PZTを分からずして、非鉛材料開発は無し

              1-2. 結晶方位と特性の驚くべき関係 歪みに鈍感な結晶方位の探索

              1-3. ピコメータ(ナノメータの1/1000)の変位を電圧で制御できる新物質の探索

 

2. 環境適応型材料の開発

              2-1. 電気エネルギーと機械エネルギーを変換できる圧電体から毒性元素の鉛を排除する

                            50年解決できなかった夢の材料へのチャレンジ

              2-2. 材料だけでなくプロセスも環境低負荷にできるオーブンで作製可能なセラミックス

              2-3. 身近にある振動で発電する振動発電

              2-4. 電気自動車のモータ制御に不可欠な高温対応コンデンサ

               2-5. 排熱を有効活用し発電する熱電発電

 

3. ナノ構造の作製と制御

              3-1. ナノロッドアレイ構造作製による新規特性発現

              3-2. ナノ構造変化のin-situ解析